プログラミング独学に限界を感じたら、現場ノウハウを学べるRUNTEQ

勉強スキルアップ
スポンサーリンク

プログラミングの独学には限界があります。

以前、プログラミング初級者はまずUdemyやProgateで基礎を学ぶべきという記事を書きました。しかしながら基礎を学んでも実用できるレベルには到達できません。それは独学では現場のノウハウや開発手法というものを身につけることが難しいからです。

基礎を修学した人は実戦を経験すること必要ですが、仕事でプログラミングできない人には中々難しいかと思います。そんな人に最適なRUNTEQというオンラインスクールを見つけましたので、ご紹介します。
説明会は無料ですので、この記事を読んで気になった人はぜひ参加してみてください。

RUNTEQとは

Web系エンジニア向けのオンラインスクールです。

公式アンバサダーに前田敦子さんを起用しているスタートアップテクノロジーという会社が運営しています。カリキュラムには開発現場の声を反映させた実践型の内容になっています。

次のような強みを持っています。

強み1:現場のノウハウが詰まったカリキュラム

課題を解決していくことで、開発現場で自立できるスキルを身につけていきます。答えを教えるのではなく、自分で課題を解決していくことで自立力を鍛えます。

新規開発だけでなく、既存アプリのバグ修正、機能追加についてもスキルを培うことができます。

現場でよく使われるRubyパッケージgem、Ruby on Rails、Vue.jsについても学ぶことができます。

強み2:現場の開発手法を意識した学習

自身のPCでローカル開発をして、GitHubなどにアップロード、その後レビューしてもらうという実際の開発フローにそって学習できます。

スクールや講師の時間に合わせる必要がないので、好きな時に効率的に学習を進められます。

強み3:現役エンジニアが学習をサポート

RUNTEQのすべての講師が現役エンジニアです。CTO(最高技術責任者)経験者も在籍していて講師陣の技術力は申し分なしです。

学習項目外の技術的な質問もできるので、独学でつまづいた部分も解決することができます。もちろん学習の進め方やモチベーションの保ち方などの相談も親身に答えてくれます。

就職や転職を考えている人は、模擬面接や書類添削、会社探しのサポートもしてもらえます。

RUNTEQのコース

RUNTEQには3つのコースがあります。

独学で基礎レベルを習得している人はRailsエンジニアコースがオススメです。基礎レベルを習得していない人はUdemyやProgateで学びましょう。

各コースの料金などはこちらのバナーから確認してください。

RUNTEQはオススメできるのか?

プログラミング独学の難しいところは、本などで学ぶ内容と現場で使われる乖離があるというところです。現場のノウハウというのは、実際に働いて身につけるものでした。

これまでいくつかオンラインプログラミングスクールを見てきましたが、いずれも基礎的なことを教えて現場に放り込むというものが多かったです。そのため実際に働いてみるとまだ戦力にならないという現象になります。

RUNTEQでは、現場ノウハウに重きを置いたカリキュラムが組まれていますので、そういった点で安心できるかと思います。

まず無料相談会に参加して、コースやカリキュラムが自分に合っているか確認してみるのが早いでしょう。

Webエンジニアを目指す場合は、つぎのような流れになります。

1.無料相談会に参加
2.学習カリキュラムをスタート
3.自身のスキルポートフォリオを作成
4.就職・転職活動をスタート
5.Webエンジニアデビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました