業種別!学ぶべきプログラミング言語を紹介

プログラミング知識
スポンサーリンク

みなさんは学ぶプログラミング言語をどうやって選びますか?プログラミング言語ってとてつもない種類があってなにが何やらわからないですよね。。

学生なら授業のカリキュラムにあるプログラミング言語を選ぶでしょうが、就職してその言語を使うとは限りません。

実は業種によって使われるプログラミング言語は異なります。せっかく学ぶなら、働いている・働きたい業種にあったプログラミング言語を選びましょう!

この記事では、業種ごとに使われやすいプログラミング言語を紹介してます。

この記事はこんな人におすすめ
  • これからプログラミングを勉強するけど、どの言語を勉強したらいいか分からない人
  • 働きたい業種で使われているプログラミング言語を知りたい人
  • フリーランスとして稼げるプログラミング言語知りたい人

そもそもプログラミング言語ってなに?

プログラミングとは、コンピュータにしてほしい仕事の手順書を作る作業のことをいいます。

コンピュータに渡す手順書は、コンピュータが読めるものでなくてはなりません。このコンピュータが読める言語のことを、機械語と呼びます。

機械語は、01で表現されるため人間には大変分かりづらいです。この機械語との仲介をしてくれるのが、プログラミング言語です。

プログラミング言語は、用途に合わせて世界中のエンジニアが無数に開発しています。例えば、組込み系と呼ばれるエアコンや冷蔵庫といった小さいコンピュータで使いやすい言語。例えば、Webページをキレイに表示するための機能が詰まった言語。例えば、数学の演算が高速にできてAIやディープラーニングに強い言語。

あなたがもし、Webエンジニアの業界で働きたい!と思っていても、組込み系の言語しか知らなければ通用しません。業種にあった言語を選択することが大事です。

(とはいっても、プログラミング言語は共通する部分も多いので、1つ言語をマスターしていれば、他の言語をマスターするのにも役立ちます。)

なぜ業種によってプログラミング言語が違うの?

ここまで説明した通り、プログラミング言語によって得意とする分野が異なります。

C言語ならコンピュータが実行するための環境が小さく、出来上がる実行ファイルも小さいため、CPUやリソースが限られている組込み系(テレビや冷蔵庫)などに適用することできます。

大きいサーバを使うWeb系では、リソースの心配はさほどせずに、グラフィックをキレイに見せたり、アニメーションを多く使える、JavaやPHP、HTML5などが使われます。

また、インフラ系などの古くからある業種と、最新の技術(例えばAI)を使う業種では使う言語が異なります。50年も昔からある会社と、最新の会社が同じ方法で仕事をしているあるわけがないですよね。

50年も昔からあるインフラ系では、当時も主流だったC言語が使われます。その後も、改造やコンピュータの入れ替えがあっても、当時のシステムを受けついで更新されるので、C言語がそのまま使われます。

最近出てきた分野では、どんどんいいものは使っていく傾向がありますので、様々な言語が使われます。

業種別使われるプログラミング言語

では、各業種でよく使われるプログラミング言語を紹介していきます。私は各業種に精通しているわけではないですが、各業種の製品に特化したプログラミング言語というものがありますので、大きな間違えはないはずです。

Web系

主な製品は、企業のホームページ作成や、通販サイトの作成などを行う業務になりますので、Webページを作成するためのプログラミングが必要になります。またサーバ上からデータを取得するため、データベース関係のプログラミング言語も必要です。

主に次のような言語が使われます。

  • Java
  • PHP
  • HTML5
  • Javascript
  • SQL

他にも、最近ではWeb系にはデータサイエンスも求められたりするので、PythonやRubyも覚えておくと強みになるかと思います。

Web系はクラウド上で完結するので、場所を選ばないということもあり、もっともフリーランスが多い業種です。あわせて案件数が多いので、フリーランスを目指すならこのあたりの言語を習得しておくと仕事には困らないと思います。

ゲーム系

ゲーム系は、90年代にはプレイステーションやスーパーファミコンなど組込み要素が大きかったですが、今となってはPCやスマホ上のゲームが主流になっています。

そのためPCやスマホと相性のいい言語が使われます。

  • C#、Unity
  • Android Java
  • Swift
  • Flutter

ゲーム系では、スマホから位置情報や加速度を取得して画面に反映したり、サーバと通信してデータをやり取りしたりといった技術が必要になります。

UnityというのはC#をベースとした、ゲーム開発用エンジンです。Android、iOS、Windowsなど様々なプラットフォームに対応していて、グラフィック上で簡単にゲーム製作ができます。最近ではポケモンGOで使われたとして、有名です。

他にもAndroidゲームならJava、iOSゲームならSwiftも使われます。

Flutterは最近Googleが推しているプラットフォームです。Dartという言語を使用します。AndroidとiOS向けのアプリを同時に作成することができます。

アプリ系

アプリというのは、パソコンやスマホのアプリケーションを指します。

スマホが普及したと言っても、まだまだ企業の業務はパソコンが中心です。

サーバからデータを取ってきて表示したり、セキュリティ認証したりといった技術が必要になります。また最近ではビッグデータを扱うためデータサイエンス的な技術も要求されます。

  • Java
  • C#
  • Flutter

最近オラクルによるサポートが有償化するとともに、OSS化したという騒動もありましたが、Javaは登場してから25年経過した今でも人気がある言語です。

インフラシステム(汎用)系

水道、電力、交通、ガスなどインフラ系は、すでに日本では数十年前から運用されていますので、かなり古いです。しかも、すでに動いているモノですので、動いているモノは変えたくない、という当然の考えになるため、古いものを引き継いで新しいものが追加されます。

このような背景もあるので、昔から使われている言語が主流になります。

  • C言語
  • C++
  • Java

わたしの印象では8割方C言語です。

Linux系のシステムでしたら、Shellなども使われることもあります。

組込み系

組込み系とは、冷蔵庫やテレビといったある目的を満たすためだけの装置のことをいいます。パソコンのようになんでもできるわけではなく、1つの機能を満たすためのものを組込み系と呼びます。

大手の家電電機メーカで扱っている製品が多いので、大手を狙うなら組込み系言語を習得しているのは強みになるでしょう。

組込み系の特徴は、ロースペックのCPUを使っている、HDDやメモリといった潤沢なリソースはないことが挙げられます。このため、実行するときに軽くて小さいプログラミング言語が求められます。

  • C言語
  • Java

組込み系で強いのはやはりC言語でしょう。C言語はハードウェアに近いところを直接扱えるので、組込み系との親和性は高いです。

人気の言語

最近は、AIの開発が活発化してデータサイエンスが得意なRubyやPythonが人気です。また最近はGo言語というGoogleが作ったプログラミング言語やRust言語も人気で、将来性を期待されているようです。ただし、人気な言語≠実際に使われている言語であることに注意してください。

特に年収ランキングサイトなどで、GoやRustがトップ入りしていると紹介しているサイトもありますが、まだ案件数が少なく、最初に学ぶプログラミング言語としてはどうかな?と思います。

人気や年収ランキングにとらわれるより、まずはご自分の業種に合わせて基盤となるプログラミング言語を学ぶことをオススメします。

おすすめの勉強法

プログラミング学習にはオンライン講座Udemyを利用するのがオススメです。その理由については次の記事で紹介しています。

Udemyについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

まとめ

業種によって使われるプログラミング言語は違います。それは業種が扱う製品によって向いている言語と向いていない言語があるためだったり、歴史的な背景があります。そこを理解してプログラミング言語を学んでいきましょう。

まだ業種など決まっていない!という人には、様々なプログラミング言語のベースとなっているC言語か、オブジェクト指向が学べるJava・C#をおススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました