Javaが有償化された?ユーザへの影響と、オススメしたい2つのOpenJDK

プログラミング知識
悩むサラリーマン
悩むサラリーマン

最近Javaが有償化されたって聞くけど、なにが変わったんですか?

プログラマーだけが関係して、普通のユーザには影響がないんでしょう?

Javaの有償化は普通のユーザにも影響があります!しっかり理解して使わないとライセンス違反!なんてことにもなります。そうなる前にこの記事を読んでください。

この記事はこんな人におすすめ
  • Javaサポート有償化について知りたい人
  • 普通のユーザは変わらずサポート無償なんでしょ?って思っている人
  • OpenJDKをどれを使ったらいいかわからない人

Javaとは

Javaはプログラミング言語の一種です。Javaは、仮想マシンと呼ばれるハードウェアを模擬したソフトウェア上で動くため、実際のハードウェアがWindowsだろうとLinuxだろうと関係なく動作することができます。

Sun社というアメリカの会社が開発しましたが、その後Oracle社が買収し、現在はOracle社が管理しています。

Javaは、プログラムを実行するための実行環境JRE(Java Runtime Environment)と、プログラムを開発するための開発環境JDK(Java Development Environment)が存在します。JDKにはJREも含まれています。

JDKの中には、標準的な機能が搭載されたJavaSE(Java Platform, Standard Edition)や、Webのリッチな機能が搭載されたJavaEE(Java 2 Platform, Enterprise Edition)などが存在します。

現在は、開発環境JDKはJavaSEしか存在しないため、JDK=JavaSEとなっています。

また、実は実行環境JRE単体のダウンロードができなくなっており、JREのみインストールしたい場合もJavaSEが必要になりました。

有償化の範囲

有償化されたのは、商用ユーザに対するJavaSEのアップデートサポートです。

お金をOracle社に支払わなければ、JavaSEのアップデートを受けられなくなったということです。上に書いた通り、Javaを実行したいだけの普通のユーザもJavaSEを使用しています。

このためライセンス料を支払わなければ企業などでJavaをインストールしている場合はアップデートを受けられないことに注意してください。

JavaSEのアップデートを受けられないということは、新たに脆弱性が見つかっても、セキュリティリスクを持ったまま、使い続けなければならないということになります。

サポート費用は、1ユーザあたり4千円/年になります。ただし、JavaがインストールされているPCにアクセス可能な全員に対して費用が発生するため、20人で利用しているサーバにJavaがインストールされていた場合、8万円/年かかります。

「Javaは使いたいけどライセンス料払えないよー。」という方は、OpenJDKを使いましょう。

OpenJDKとは

OpenJDKとは、JavaSEのソースコードやライブラリを元にして、無償で提供しているプロジェクトのことです。

このソースコードを元に、サードパーティ(第三者)がコンパイルして、フリーのJDKとして提供しています。このフリーのJDKのことを、OpenJDKと指すこともあります。

実は元のソースコードは、Oracle社のJavaSEと同じなため、OpenJDKはJavaSEとほとんど変わりません。違うのは誰がサポートしてくれるかということだけです。Oralceが提供する、Oralce OpenJDKというものもあります。

このため、Oracle社にこだわらないのであれば、OpenJDKに移行してもJavaとほぼ互換性を保つことができます。

ただし、OpenJDKは脆弱性に対するアップデート責任がないため、アップデートはサードパーティの都合によって可能な限りとなることに注意してください。とはいえ、脆弱性が発表されればすぐに対応してくれます。

おすすめしたいOpenJDK

OpenJDKは、複数のサードパーティが提供しています。それぞれ長期サポート(LTS:Long Term Support)があったり、互換性試験(TCK:Technology Compatibility Kit)を保証したり、商用サポートがあったり特徴が異なります。

OpenJDK名長期
サポート
互換性試験商用サポートメリット
AdoptOpenJDK×IBMとMicrosoftがスポンサーのため、サポートが強力。対応OSが多い。
Amazon Corretto
(AWS上だけ)
サポートが手厚い。AWSで使用する場合は親和性が高い
OpenJDK比較

AdoptOpenJDK 

AdoptOpenJDKは、天下のIBMとMicrosoftがスポンサーになっているOpenJDKです。互換性試験(TCK)がないものの、強力なフォローがあるため信頼度は高いです。

また、対応しているOSも豊富です。

現在利用している人が、最も多いOpenJDKなのではないかと思います。

Amazon Corretto

Amazon Correttoは、LTS、TCK、商用サポート全てを満たしているOpenJDKです。商用サポートはAWS上に限定されます。AWSを利用している人には、よいかと思います。

まとめ

Javaの有償化と、OpenJDKについてまとめました。

有償化の範囲をしっかり理解し、状況に応じてOracleのサポートを受ける、またはOpenJDKに移行しましょう。

余談ですが、この件はサポート有償化が目立っていますが、Javaのオープンソース化を促進する狙いがあったのではないかということです。

  • 企業でJavaを使う場合は、有償化の対象
  • OpenJDKはJavaSEと同じソースコードを使うため、ほぼ互換性がある
  • サードパーティが、それぞれの特色のあるOpenJDKを提供している

コメント

タイトルとURLをコピーしました